行き遅れたオカマの嘆きブログです。 主に美容関係、個人的に気になった記事 を発表してます。


by LapinChronicle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

小鼻縮小の手術をしました。

以前から気になっていた尾翼の膨らみを抑えるため、小鼻縮小の手術を受けました。

施術の方法としては中間法といって

内側法と外側法のメリットを活かした方法のようで、切開部分については内側法よりやや大きめで、かつ外側法よりメスを入れる部分を少なくすることで傷跡を極力目立たなくするタイプの施術で、しかも手術の効果は内側法よりも期待できるようです。


〜手術の流れ〜

㈰手術用の服に着替えてから、不安感を取り除く
 薬を飲みました。
㈪続いて、医師と小鼻のデザインについて
 最終確認を行いました。
 私はiPadを持ち出し希望するモデルの鼻で
 「これくらいちーさくしてちょーだい!」と
 希望をつけました。

㈫ベッドに寝かされ笑気麻酔を吸いました。
※この麻酔、変なニオイがして当初「オエッ」と
なったのですが、すぐに気が遠くなりました。
なんというか、金縛りにあったような感じが
一番近い表現です。
当初、局所麻酔だけでは怖いので静脈麻酔を
希望していたのですが、術後かなりフラフラする
らしいく、却下されました。

㈬笑気麻酔が効いている間も意識はありましたが
 ぼんやりとして、先生の声も遠くで話しかけら れているような感じです。
 局所麻酔もほとんど痛みを感じず、メスで切開
 している間ももちろん痛みはありませんでした。

㈭最後の縫合だけは少し痛みを感じた時もありましたが、十分我慢出来る範囲でした。
 手術中は笑気麻酔のおかげでフワフワしたいい気分で過ごせ、恐怖感を感じず受けられた事に感謝しました。

㈮手術完了後は、少しボンヤリとする程度で特に気分が悪いといった症状もありませんでした。
 医師から手鏡を渡され、術後の鼻を見せて頂いたところ、局所麻酔の影響で少し膨れた鼻と
 鼻翼についた血痕でした。
 小鼻はもちろん小さくなっており、切除した鼻翼を見た時は少し名残惜しい気分になりました。

帰る時に切除した鼻翼を欲しいとお願いしました。(看護婦さんはかなりびっくりした顔をされていましたが...)
 
個人的に嫌いな部分だった所はいえ、自分の組織ですからね愛着があるんですよ...

術後の痛みはというと、局所麻酔が切れるとやっぱか・な・り痛かったですよ!
でも、家に帰ってもらった抗生物質とボルタレンという腫れや痛みをやわらげる坐薬を
ケツにさすと痛みがほとんどなくなりました。

翌日もほとんど痛みはございませんでした。よかった、ホント!

ちなみに手術費用は63000円
プラス血液検査代10000円

おまけ☆
<ヽ`∀´>ウェーハハハ通信
[PR]
by LapinChronicle | 2012-09-24 23:56

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

待ち時間
from Anything Story

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Nip Tuck
at 2016-04-10 23:55
Blog再開
at 2016-04-04 23:20
恐怖のワンシーン
at 2014-10-26 19:10
無敵の男
at 2014-10-24 20:02
赤坂の発展場
at 2014-10-22 21:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
お笑い

画像一覧