行き遅れたオカマの嘆きブログです。 主に美容関係、個人的に気になった記事 を発表してます。


by LapinChronicle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

私が行った美容外科2

しらゆりビューティクリニック

【受けた手術】
小鼻縮小 
プロテーゼの入れ替え(I型からL型) 
※プロテーゼの除去のみ
院長先生(伊藤さん)が執刀

【執刀医】
博士先生(千代俊明さん)
※院長先生ではありません。

この先生、容貌は作家の石田衣良に茶色のソバージュをかけたような感じでした。

葉加瀬太郎にも似ているし、内館牧子にも似てましたネ!
どんな顔やねん、013.gif
特筆すべきなのは容姿に反してアナウンサー並みの美しいボイスの持ち主でした。

お医者さんで、これほど美しく、上品な話し方の医師には会った事がないですね!

カウンセリングも押し付ける感じは
皆無で、自分から積極的に話さないと
会話が進まず、無口な人でした。

後、びっくりなのが白衣の右腕側に
博士って刺繍が縫ってあるんですヨ!

アタシ、何故あの写真を撮らなかった
のか悔しくて悔しくて仕方が無いんですヨ

日本の医学会にセンセーションを
起こすと思うんですヨ

白衣に自分のニックネームの刺繍を
縫ってるなんて



【クリニックの感想】 
変わったBlogと低価格で有名なしらゆりビューティクリニックですが
質実剛健といいますか他院と違ってゴージャスさとは無縁のクリニックでしたね。

麹町の古い雑居ビルにあるのですが、意外に分かりずらくて私はたどり着くまで何度も迷いました。
           
クリニック内はびっくり仰天するくらい狭くて、マジで窒息するかと思いました。

室内のレイアウトや雰囲気は言葉で説明するのが難しいのですが、21世紀の美容外科クリニックの一般的な作りとは100万光年くらい離れた感じです。

後、SBM価格といってblogに症例写真を載せる代わりに割引が受けられるサービスがあります。

手術代を払う時もSBM価格を選択する事が当然のような感じがしました。
もちろん強制ではありませんが

【良かったところ】
費用が低価な事と、無料の麻酔のオプションがあることです。
         
他院だと有料な事が多い笑気麻酔と静脈麻酔がなんと無料なんですヨ!
         
ただ、静脈麻酔は手術後、回復するまでに時間を要するため断れる事もあります。アタシは断られた

私は笑気麻酔で受けたのですが、局所麻酔の注射の痛みもなく眠るような感じで手術を受けられました。

【嫌だったところ】

院長先生(伊藤さん)の再診を受けるまでの待ち時間が長い!
         
ホントびっくりするくらい待ち時間が長いんですよ、指定の時間に行っても2時間くらい待たされます。
※中には怒り出して帰る人も多いそうです,,,
        
かなりの苦行なので事前にiPodに1万曲くらい入れて挑んだ方がいいですヨ 

               
【カウンセリング】
カウンセリング料金が3150円と有料ではありますが、手術の費用が恐らく
日本一ではないかと思われるほど安いので惜しい気持ちは微塵もありませんでした。                 
【貢ぎ物】
一応、GODIVAのチョコを持って
行きました。

何を贈るかでその人のセンスや人間性が分かるわよネ

Lawson100とかの弁当とか菓子パン
持っていったらどんな顔するかしら037.gif


   
【手術の結果】 
小鼻縮小は大成功だったのですが、L型プロテの入れ替えが感染を起こし失敗しました。

術後の感染は執刀医のミスではないと思うので、非難は致しません。

院長先生にプロテを抜いて頂いている時に後ろで申し訳なさそうに
佇んでいたのが印象的でした。

当初、プロテが突き破った箇所に
ケツの皮膚を移植する事を提案され
たのですが今まで散々便座に接触させた部分の皮膚を移植する事には非常に
抵抗があり、ウンウン悩んでいる内に
院長さんが現れこの提案は破棄になりました。よかった019.gif

嫌よね、ケツの皮を鼻先に移植する
なんて人に知られたら恥ずかしくて
生きていけないわヨ031.gif




しらゆりは院長を含め4人の医師が
在籍しています。 
常勤は院長先生(伊藤さん)と若先生と呼ばれる男性医師で他の方は非常勤でいらっしゃいます。

博士先生は4人の中で一番手術費用が安かったので指名しました。

後、ここは誰も医師の顔写真をHPに載せておらず、Blogもヒトクセあるので
以前から妙に興味を持ってしまいました。

ちなみに院長先生(伊藤さん)の特徴は背が高く(1.78mくらい)、細見で
顔は常に帽子とマスクを被っているのであまり分かりませんでした。

声が甲高くて、ジャパネットの高田に
似ていました。

その甲高い声で「看護婦さん 看護婦さん」と叫び、よく看護婦さんを怒鳴りつけていましたね

後、体毛が非常に濃いのか胸毛が
凄かったです。
もうモジャモジャと毛が服から
溢れていて
アタシそこが異常に気になったのヨ!012.gif

再診の患者さんが多く、ネズミのように狭いクリニック内をチョコマカ動いており話しかけるのも躊躇われるほどです。
[PR]
by lapinchronicle | 2013-04-16 23:54

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

待ち時間
from Anything Story

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Nip Tuck
at 2016-04-10 23:55
Blog再開
at 2016-04-04 23:20
恐怖のワンシーン
at 2014-10-26 19:10
無敵の男
at 2014-10-24 20:02
赤坂の発展場
at 2014-10-22 21:19

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
お笑い

画像一覧